戦後70年を法曹とともに…
1948年(昭和23年)創刊「判例タイムズ」 70年にわたる最も実績ある裁判実務誌として
常に最新の判例解説と論文を月刊誌と電子書籍で提供します

ピックアップアイテム

 
判例タイムズ 1429号 12月号 (2016年11月25日発売)
論文目次   消費者裁判手続特例法の運用について 共通義…
民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準[全訂5版] 別冊判例タイムズ38号 別冊38号 (2014年07月04日発売)
序章 はじめに1序論2改訂のポイント3道路等に関する用語の意味4行為主体等に関す…
大阪地方裁判所における競売不動産評価運用基準 別冊判例タイムズ37号 別冊37号 (2014年03月07日発売)
目 次本基準の要点等本基準利用上の一般的注意事項等第 1 章 総論第 1 節 評…
後見の実務 別冊判例タイムズ36号 別冊36号 (2013年04月16日発売)
【目 次】第1 概 説問1 成年後見制度について教えてください。 問2 身体に障…

NEWS

2016.6.7
「別冊判例タイムズ38号 民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」の2ページ及び3ページについて制度の廃止及び最高裁判決を踏まえ,第2刷以降下記の通り下線部分を修正しております。

2ページ27行目から30行目

「…保険に対する自賠法16条の請求権を含めて取得することになる。自賠責保険は,最高裁平成20年2月19日第三小法廷判決を踏まえ,健康保険からの求償との関係では被害者請求を優先しており,被害者に有利な取扱いとなっている。ただし,労災保険からの求償との関係では被害者請求との間に優劣をつけておらず,先に請求した方に支払をすることがあるので注意が必要である。」

3ページ37行目から42行目

「また,従前は,明文の規定はないものの,傷害による損害について被害者が治療継続中のため総損害額が確定しないときでも,既に発生した損害額について被保険者又は被害者から保険金又は損害賠償額の内金の支払請求がなされたときに,内払をする制度があったが,平成20年10月1日をもって,同制度は廃止された。」

2015.12.17 刊行
大島眞一著『Q&A 医療訴訟』
2015.06.23 刊行
石井一正著『刑事事実認定入門 第3版』
2014.06.06 刊行
石井一正著『刑事訴訟の諸問題』

判例タイムズ一覧

書籍一覧