書籍詳細

判例タイムズ 1339号 3/15号 (2011年03月10日発売)

判例タイムズ 1339号 3/15号 (2011年03月10日発売)

判例タイムズ社

●記事紹介近現代法制史からみた優先主義と平等主義(下) ──我が国固有の平等主義の起源と裁判実務からみた立法課題/園尾隆司複数鑑定制度の検証に関する報告書(上)…

2,057円(税込)

目次

判例タイムズ 1339号 3/15号 (2011年03月10日発売)

●記事紹介

近現代法制史からみた優先主義と平等主義(下)
──我が国固有の平等主義の起源と裁判実務からみた立法課題/園尾隆司

複数鑑定制度の検証に関する報告書(上)/千葉県医事関係裁判運営委員会複数鑑定制度検証小委員会

企業間取引訴訟の現代的展開 2[現代企業法研究会]
企業間取引における複合契約の解除(上)
──主として二当事者間の場合/奈良輝久

民事執行判例・実務フロンティア2011年版/大門 匡

●判例紹介

最高裁判例
[行政法一般]
1(最高裁第三小法廷平22.11.30判決)
明石海峡航路北側の航路外で西に向かう甲船と東に向かう乙船が衝突した事故について,海技士である甲船の船長を戒告とした高等海難審判庁の裁決が適法であるとされた事例

[民 法]
2(最高裁第一小法廷平22.12.2決定)
構成部分の変動する集合動産を目的とする集合物譲渡担保権の効力は,譲渡担保の目的である集合動産を構成するに至った動産が滅失した場合にその損害をてん補するために譲渡担保権設定者に対して支払われる損害保険金に係る請求権に及ぶか

[諸 法]
3(最高裁第二小法廷平22.12.17判決)
自ら設置した加入者光ファイバ設備を用いて戸建て住宅向けの通信サービスを加入者に提供している第一種電気通信事業者が,他の電気通信事業者に対して上記設備を接続させて利用させる法令上の義務を負っていた場合において,自ら提供する上記サービスの加入者から利用の対価として徴収するユーザー料金の届出に当たっては,光ファイバ1芯を複数の加入者で共用する安価な方式を用いることを前提としながら,実際の加入者への上記サービスの提供に際しては光ファイバ1芯を1人の加入者で専用する高価な方式を用いる一方で,その方式による上記設備への接続の対価として他の電気通信事業者から取得すべき接続料金については自らのユーザー料金を上回る金額の認可を受けてこれを提示し,自らのユーザー料金が当該接続料金を下回るようになるものとした行為が,独禁法2条5項にいう「他の事業者の事業活動を排除」する行為に該当するとされた事例

[特別刑法]
4(最高裁第一小法廷平22.12.20判決)
観賞ないしは記念のための品として作成された家系図が,行政書士法1条の2第1項にいう「事実証明に関する書類」に当たらないとされた事例

[刑事訴訟法]
5(最高裁第二小法廷平22.12.20決定)
保釈された者が実刑判決を受けた後,逃亡等を行ったが判決確定前にそれが解消された場合に刑訴法96条3項により保釈保証金を没取することができるか

憲法裁判例
[憲 法]
1(①東京高裁平22.11.17判決)(②東京高裁平22.11.17判決)
平成18年法律第52号によって改正された公職選挙法(昭和25年法律第100号)14条,別表第三及び同法附則による選挙区及び議員定数の規定の合憲性

行政裁判例
[国家補償法]
1(大阪高裁平22.5.12判決)
弁護士会の会長であり,当該弁護士会の資格審査会の会長でもある弁護士が,元弁護士からなされた弁護士名簿登録請求の進達を拒絶する旨の弁護士会資格審査会の議決に関与した行為や,同議決を受けて上記登録請求の進達を拒絶する旨の弁護士会の決定に関与した行為は,いずれも「公共団体の公権力の行使にあたる公務員」としての行為に該当し,個人として不法行為責任を負わないものと判断された事例

労働裁判例
[個別的労働関係]
1(宮崎地裁平22.2.5判決)
女子生徒に対しキスなどのセクハラ行為を行った町立中学校の教諭に対する懲戒免職処分には裁量権の濫用は認められないとされた事例

民・商事裁判例
[民 法]
1(東京高裁平22.8.30判決)
マンション建築請負工事契約において,建築確認取得後に確認図面上存在しない新たな住戸を増設するなど,注文者・請負人が故意に,建ぺい率,容積率違反,北側斜線制限違反,日影規制違反,耐火構造規制等に違反する悪質な建築基準法違反を企図した場合には,公序良俗違反により無効であるとして,その有効性を前提とする残代金本訴請求及び損害賠償反訴請求がいずれも棄却された事例

2(仙台地裁平21.11.26判決)
コンビニエンス・ストアのリロケイト物件に関するフランチャイズ契約において,フランチャイザーのフランチャイジーに対する説明義務違反(情報の不開示)による損害賠償請求が認容された事例(過失相殺5割)

3(大阪地裁平21.10.30判決)
税理士によるリース契約であっても,「営業のために若しくは営業として」締結されたものかどうかは,当該事業,職務及び取引の実態,物件の活用状況等から個別具体的に判断されるべきであるとした事例

4(東京高裁平22.9.29判決)
1 貸金業者間で企業再編の一環として行われる業務提携契約において,借主が,廃業していく旧業者への債務の返済資金を業務提携契約により存続することになる新業者から借り入れる新たな消費貸借契約をして契約の切替えをした場合,この契約切替えは債権譲渡とは認められないとされた事例
2 貸金業者間で企業再編の一環として業務提携契約が締結され,併存的債務引受の合意がされていたが後に撤回された場合において,併存的債務引受合意撤回前に,借主が契約の切替えについて同意をした上で残高確認書兼振込代行申込書に署名しても,受益の意思表示をしたとは認められないとされた事例

5(東京地裁平21.9.29判決)
1 週刊誌に掲載された記事が,過去に自著により私生活上の事実を公表した者のプライバシー権を侵害するかについて
(1)自著の出版からの年月の経過を考慮しても,自ら公表した事実への言及が,承諾の範囲外のものということはできないとされた事例
(2)摘示事実が,一定の事実を公表している者の立場に立った場合,公開を欲しない事柄ということはできないとされた事例
2 週刊誌に掲載された写真が,世間の耳目を集めた人物の妻の肖像権を侵害するものと認められた事例

6(京都地裁平22.9.15判決)
菓子製造工場の発する騒音及び悪臭は違法であるとして,近隣住民の損害賠償請求が一部認容された事例

7(千葉地裁松戸支部平22.6.4判決)
大学附属病院に入院中に開腹手術を受けた患者が多臓器不全により死亡した場合,担当医師に諸検査義務及び転科措置義務の違反はなかったとして,同医師と病院側の損害賠償責任が認められなかった事例

8(名古屋家裁平22.9.3判決)
認知症等に罹患した養親に養子縁組の意思がなかったとして養子縁組無効確認請求が認容された事例

[知的財産]
9(大阪地裁平22.2.18判決)
共同発明者の1人を発明者として記載せずに特許出願を行うことが,当該共同発明者の発明者としての名誉を侵害する不法行為となるとされた事例

10弾性ラミネート構造体事件(知的財産高裁平21.9.29判決)
発明の名称を「弾性ラミネート構造体とその製造方法」とする発明に係る特許出願についてされた拒絶査定不服審判請求を成り立たないとした審決が維持された事例

[民事執行法]
11(東京高裁平22.12.7決定)
複数の保険契約に基づく配当金請求権,解約返戻金請求権,満期金請求権につき,契約日順等での特定をし,順位付けをする本件債権差押命令申立ては,第三債務者である保険会社に過度の負担を負わせるものであって,各保険会社において格別の負担を伴わずに調査することによって当該債権を他の債権と誤認混同することなく認識し得る程度に表示して特定することが可能であるにもかかわらず,特定することなく申立てがされたものといえるから,不適法である

刑事裁判例
[刑事訴訟法]
1(福岡高裁那覇支部平22.8.17判決)
自動車運転過失致死の事件において,被告人を犯人と認めるには合理的な疑いが残るとして,1審判決が破棄され,無罪が言い渡された事例

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1468件のバックナンバーがあります