書籍詳細

判例タイムズ 臨時増刊1249号 (2007年11月10日発売)

判例タイムズ 臨時増刊1249号 (2007年11月10日発売)

判例タイムズ社

民法判例レビュー 98■今期の主な裁判例 契  約/石田  剛 担  保/新美 育文 不 動 産/山野目章夫 民事責任/前田 陽一■今期の裁判例 家  族/林 …

2,057円(税込)

目次

判例タイムズ 臨時増刊1249号 (2007年11月10日発売)

民法判例レビュー 98

■今期の主な裁判例
 契  約/石田  剛
 担  保/新美 育文
 不 動 産/山野目章夫
 民事責任/前田 陽一

■今期の裁判例
 家  族/林  貴美

■判例評釈
 担  保 国税の法定納期限等以前に将来発生すべき債権を含む集合債権譲渡担保契約が締結され,第三者に対する対抗要件が具備されていた場合における国税徴収法24条6項の適用最一小判平19.2.15判タ1237号140頁,判時1963号57頁,金法1803号85頁,金判1266号22頁/新美育文・シェルマトフウルグベック

 不 動 産 包括遺贈と登記
大阪高判平18.8.29判タ1228号257頁,判時1963号77頁/山野目章夫

 民事責任 いわゆる弁護士会照会・調査嘱託に対する報告義務と不法行為責任
大阪高判平19.1.30判時1962号78頁/前田陽一

 家 族 1 未成年者への医療行為と親権者による同意の拒否
名古屋家審平18.7.25家月59巻4号127頁/神谷 遊

 家 族 2 高齢者と遺言
(1)東京地判平18.7.25判時1958号109頁
(2)横浜地判平18.9.15判タ1236号301頁/中川忠晃

判例紹介 全18件
——————————————————————————–
◆行政裁判例
[行政争訟法]
1(青森地裁平19.2.23判決)
1 暴力団対策法2条6号の「暴力団員」の判断基準
2 法人の役員が暴力団員であったことを理由とする当該法人に対する産業廃棄物収集運搬業の許可の取消処分が適法とされた事例

[地方自治法]
2(京都地裁平19.3.28判決)
住民訴訟で勝訴した原告らが弁護士に支払うべき報酬につき,地方公共団体に対して900万円の支払が命じられた事例
3(千葉地裁平18.8.4判決)
大学の附属医療センターの誘致に関して市と大学との間で締結された協定に基づき市長が大学に対して補助金を支出することに市長の裁量権の範囲の逸脱又は濫用がないとされた事例
——————————————————————————–
◆労働裁判例
[個別的労働関係]
1(東京地裁平18.11.29判決)
整理解雇が無効,違法とされ,地位確認請求,賃金・賞与支払請求のみならず慰謝料請求も認容された事例
2(岐阜地裁平17.4.21判決)
単身赴任者が就労日前日に自家用車で帰省先住居から赴任先住居に向かう途中で交通事故により死亡したことが,労働者災害補償保険法7条1項2号の通勤災害にあたるとされた事例
——————————————————————————–
◆民・商事裁判例
[民  法]
1(東京地裁平18.6.7判決)
1 仮名預金について,実質的な出捐者を預金者と認めた事例
2 法人税ほ脱の目的ないしほ脱した金銭の確保を動機としてされた預金契約について,原資である簿外勘定との具体的関係が明らかでないなどの事情の下では,公序良俗に反するとはいえないとされた事例

2(札幌地裁平19.3.2判決)
ホテルを経営する会社に勤務し,ホテルの機械室,ボイラー室等において設備係の従業員として業務に従事していた者が悪性胸膜中皮腫によって死亡した場合,会社側に安全配慮義務違反が認められないとされた事例

3(大阪地裁平18.12.8判決)
1 勤務弁護士について,依頼者との間の委任契約の成立が認められた事例
2 勤務弁護士について,独立して当該事件について訴訟活動を行わなくなった後であっても,相代理人の訴訟活動を監視等すべき義務を負うとされた事例
3 弁護士の義務違反は認められるが,損害との因果関係が認められないとして,請求が棄却された事例

4(東京地裁平18.11.17判決)
1 アセチレンガス切断機を用いた作業に起因する火災について,作業員に重過失があったとして,類焼家屋の所有者ないし居住者からの不法行為に基づく損害賠償請求が認められた事例
2 家財道具の焼失による損害額の算定につき,民事訴訟法248条が適用された事例

5(東京地裁平18.11.7判決)
団体の不正経理問題等及びその代表者の発言等に関する雑誌記事につき,その内容とともに掲載された写真,小見出しの内容等を考慮すれば,両名に対する名誉毀損に当たるものであり,これが真実であり又は真実と信じるに足りる相当の理由があったとも認められないとして,不法行為の成立を認めた事例

6(東京地裁平18.5.12判決)
1 大学助教授が元教え子である非常勤講師に対して,大学講師職のあっせんと引換えに行った性交渉及び交際要求等が,非常勤講師の性的自由ないし人格権を侵害するものであり,不法行為を構成するとされた事案
2 元教え子である非常勤講師に対するセクシュアル・ハラスメント問題で虚偽の告発を雑誌に掲載され,名誉を毀損されたとして元大学助教授が提起した慰謝料等請求事件において,その掲載内容は主要な部分において真実であるとされた事案

7(東京地裁平17.12.14判決)
区分所有建物の区分所有者である賃貸人は,その賃借人とともに,他の居住者に迷惑をかけないよう専有部分を使用する義務を負っているとして,自己の専有部分の賃借人の違法な使用状況(騒音振動等の発生)を放置したために他の専有部分の賃借人に損害が発生したときは,その不作為が不法行為となるとされた事例

8(横浜地裁平17.9.14判決)
肺がんの疑いで入通院していた患者が,肝がんを発症し食道静脈瘤破裂により死亡した場合において,病院側に転医勧告義務違反による債務不履行責任が認められた事例

[知的財産]
9(東京地裁平18.3.22判決)
1 生理活性タンパク質の製造法に関する特許発明に関して,優先権主張日前から当該特許発明に係る方法と同一の方法を使用して生理活性タンパク質を精製し,厚生大臣に対して当該生理活性タンパク質から製造した治験薬を用いて臨床試験を行う旨の治験計画届書を提出するなどしていたYについて,先使用に基づく通常実施権の成立が認められた事例
2 生理活性タンパク質の製造法に関する発明が進歩性を欠き,当該発明に係る特許は特許法29条2項に違反してされたものであって特許無効審判により無効にされるべきものであるとして,特許権者が,同法104条の3第1項の規定により,特許権を行使することができないとされた事例

10(大阪地裁平18.11.16判決)
リュックにつき,不正競争防止法2条1項3号の商品形態模倣行為が否定された事例

[民事訴訟法]
11(大阪地裁平19.1.30判決)
司法書士会が所属の会員に対してした注意勧告が司法審査の対象となるとされた事例

12(東京地裁平18.10.12判決)
宗教法人の代表役員等の地位にあることの確認を求める訴えにおいて,その地位にかかる懲戒処分は,当該処分が全く事実上の根拠に基づかない場合,当該処分の手続が著しく正義に反する場合,処分内容が社会通念上著しく妥当性を欠き,裁量権の範囲を逸脱したと認められる場合にのみ無効と判断すべきであり,当該訴えにおいてこれらの無効事由は認められないとされた事例
——————————————————————————–
◆公害等調整委員会
[公害等調整委員会]
1(公害等調整委員会平19.3.28裁定)
1 漁業被害に関する損害賠償請求訴訟の受訴裁判所から公害等調整委員会に対して当該訴訟の因果関係に係る争点につき原因裁定の嘱託がなされた事例
2 排砂式ダムにおける排砂と河口海域でのワカメ養殖の収穫不振との間の因果関係が認められた事例
3 排砂式ダムにおける排砂と河口海域での刺し網漁業の漁獲量変動との間の因果関係が認められなかった事例

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1479件のバックナンバーがあります