書籍詳細

判例タイムズ 1377号 10/15号 (2012年10月10日発売)

判例タイムズ 1377号 10/15号 (2012年10月10日発売)

判例タイムズ社

【論説紹介】大阪民事実務研究交通損害賠償事件における非器質性精神障害をめぐる問題(1)因果関係論及び素因減額等の割合的解決を中心として/中武 由紀…10「労働者…

2096円(税込)

目次

判例タイムズ 1377号 10/15号 (2012年10月10日発売)

【論説紹介】

大阪民事実務研究
交通損害賠償事件における非器質性精神障害をめぐる問題(1)
因果関係論及び素因減額等の割合的解決を中心として/中武 由紀…10

「労働者性」をめぐる裁判例と実務/三浦 隆志…4

独占禁止法の新たな展開29
不要な規制・規定の廃止/村上 政博…29

裁判員裁判における法律概念に関する諸問題⑰[大阪刑事実務研究会]
責任能力1(5) 樋口 裕晃・小野寺 明・武林 仁美…40

【判例紹介】全17件

憲法裁判例
1(東京地裁平23.4.26判決[平22(行ウ)162,平22(行ウ)448,平22(行ウ)453])…60
 1 在外国民が次回の最高裁判所の裁判官の任命に関する国民の審査において在外選挙人名簿に登録されていることに基づいて投票をすることができる地位にあることの確認を求める訴えの適否
 2 平成21年8月30日に行われた最高裁判所の裁判官の任命に関する国民の審査までに国会が在外国民に最高裁判所の裁判官の審査権の行使を認める制度の創設に係る立法措置を執らなかったことにより在外国民が審査権を行使することができない事態を生じさせていたことの憲法適合性
 3 平成21年8月30日に行われた最高裁判所の裁判官の任命に関する国民の審査までに国会が在外国民に最高裁判所の裁判官の審査権の行使を認める制度の創設に係る立法措置を執らなかったことにより在外国民が審査権を行使することができない事態を生じさせていたことについて,憲法上要請される合理的期間内に是正がされなかったものとまでは断定することができず,憲法に違反するものとまではいえないものとされた事例

行政裁判例
[行政法一般]
2 沖縄返還「密約」文書開示事件控訴審判決(東京高裁平23.9.29判決[平22(行コ)183])…79
 1 行政機関の保有する情報の公開に関する法律4条1項に基づく行政文書開示請求に対して,開示請求の対象である行政文書を行政機関が保有していないことを理由としてされた不開示決定の取消訴訟においては,開示請求者が,行政機関が当該行政文書を保有していることについて主張立証責任を負うと解するのが相当であるところ,通常の場合は,一定水準以上の文書管理体制下に置かれたことを前提として,過去のある時点において,当該行政機関の職員が当該行政文書を職務上作成し,又は取得し,当該行政機関がそれを保有するに至ったことを主張立証した場合には,その状態がその後も継続していることが事実上推認され,特段の事情がない限り,当該行政機関は不開示決定の時点においても当該行政文書を保有していたと推認されるとされた事例
 2 沖縄返還交渉において,日本が米国に対して沖縄返還協定で規定した内容を超える財政負担等を国民に知らせないままに行う合意を示す行政文書が外務省及び大蔵省の職員によって職務上作成され,外務省及び大蔵省がこれらを保有するに至ったことは認められるが,その管理状況については,通常の管理方法とは異なる方法で管理されていた可能性が高く,また,その後に通常とは異なる方法で廃棄等がされた可能性があり,過去のある時点において当該行政機関が当該行政文書を保有するに至ったことから,その状態がその後も継続していることを事実上推認するための前提となる,当該行政文書が行政機関の職員が組織的に用いるものとして一定水準以上の管理体制下に置かれたこと自体について,これを認めるには合理的疑いがあるというべきであるとして,当該行政文書の不存在を理由とする文書不開示決定処分の取消請求が棄却された事例

[行政争訟法]
3(福岡高裁平23.11.15判決[平22(行コ)38])…104
 1 出入国管理及び難民認定法別表第二記載の外国人も生活保護法の準用による法的保護の対象になることから,当該外国人がした生活保護申請を行政庁が却下する行為は,行政事件訴訟法3条1項の「公権力の行使」に該当する
 2 永住者の在留資格を有する中国人がした生活保護申請につき,生活保護法4条3項に規定する「急迫した事由」が存在すると認められるとして,同申請を却下した処分が取り消された事例

[国家補償法]
4(大阪地裁平23.3.28判決[平20(ワ)17326])…114
 公立中学校の教員らが女子生徒の頭髪を黒色に染色した行為について,同中学校を設置管理する地方公共団体の国家賠償責任が否定された事例

民・商事裁判例
[民  法]
5(東京地裁平22.12.8判決[平20(ワ)28964])…123
 税務申告に関する事務処理を受任した税理士の作成した申告書に,消費税及び地方消費税を過少に申告する誤りがあったため,委任者が,過少申告加算税,延滞税等の納付を要することとなった場合に,税理士の委任者に対する債務不履行責任が肯定された事例

6(東京地裁平23.12.22判決[平21(ワ)28357])…130
 1 豊洲新市場予定地の土壌サンプルについて,築地市場の仲卸業者らによる人格権及び安全配慮請求権に基づく廃棄差止請求が棄却された事例
 2 築地市場の仲卸業者らによる豊洲新市場予定地の土壌汚染状況についての説明義務違反に基づく損害賠償請求が棄却された事例

7(東京地裁平22.9.27判決[平20(ワ)36334])…151
 CV(中心静脈)カテーテルが,患者の大腿静脈から下大静脈を超え,右心房を通過して上大静脈に達する位置まで挿入され,ここに留置されたことは,この挿入手技を行う医師に必要とされる注意を欠いた不適切なものであったといわざるを得ないが,当該患者に不整脈や胸背部痛という結果が生じた事実を認めるに足りないとして,医師の不法行為責任が否定された事例

[商  法]
8(東京地裁平23.7.7判決[平18(ワ)27189])…164
 企業グループの組織再編により損害を被ったと主張する株主の損害賠償請求が,その前提となる株主であるとは認められないとして請求が棄却された事例

9(東京地裁平22.3.24判決[平18(ワ)8861])…178
 価額協定特約付きの住宅総合保険契約に基づく保険金の請求について,保険契約の対象である地下1階地上4階建て建物が火災により受けた被害の程度を認定した上,同建物の建築費用を基礎に必要な工事費用を算出し,再調達価額による損害保険金の額を認定した事例

[知的財産]
10(知的財産高裁平23.12.15判決[平23(行ケ)10207])…193
「MULTI-TOUCH」の標準文字からなり,携帯電話等を指定商品とする本願商標について,入力方式(品質〔機能〕)を示すものであり,自他商品の識別機能を有しないとして,商標法3条1項3号該当性が肯定された事例

11(知的財産高裁平23.10.20判決[平23(行ケ)10188])…200
 「堤人形」の文字と「つつみのおひなっこや」の文字を2段に横書きしてなる商標に対する無効審判請求について,当該商標は商標法4条1項16号に違反したものではないなどとして,同請求は成り立たないとした審決が維持された事例

12(知的財産高裁平23.3.17判決[平22(行ケ)10359])…204
 商標権者及び通常使用権者が,その構成中に「JIL」との表示が含まれる照明器具の規格に適合していることを証する標章を,その指定商品に含まれる照明器具に貼付した場合において,「JIL」との構成からなる登録商標の使用があるとされた事例

13(知的財産高裁平21.7.16判決[平21(行ケ)10021])…213
 指定商品を「化粧品」とし,「ラブコスメティック」の文字から成る商標が「ラブ」の文字から成る商標と類似するとした事例

[諸  法]
14(東京地裁平23.12.22判決[平21(ワ)29786])…221
 コンビニエンス・ストアのフランチャイザーが加盟店に対して公共料金収納代行サービス等に係る業務及び深夜営業を行うことを求める行為が,独占禁止法上の優越的地位の濫用に当たらないとされた事例

[民事訴訟法]
15(東京地裁平23.9.7判決[平22(ワ)20188])…236
 日本の株式会社がバミューダ法に基づいて設立された会社に対して合意に基づく報酬の支払を求める訴えについて,日本の国際裁判管轄が否定された事例

16(東京地裁平23.4.14判決[平22(ワ)20007])…243
 被告らが民事訴訟法29条の「法人でない社団」に当たるとしてその当事者能力を認めた事例

刑事裁判例
[刑  法]
17(東京高裁平22.10.28判決[平22(う)1352])…249
 摂食障害(神経性過食症)に罹患している被告人が執行猶予期間中に犯した3件の食料品の万引き窃盗事件について,摂食障害の影響により心神耗弱の状態にあったとの鑑定人等の意見を採用せず,完全責任能力を認めたが,犯行の動機形成について摂食障害の寄与が大きく,治療の必要性があり,被告人が治療に真剣に取り組む姿勢を示している等の情状を考慮して,被告人を実刑に処した原判決を破棄し,保護観察付執行猶予とした事例

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1520件のバックナンバーがあります