書籍詳細

判例タイムズ 1368号 6/1号 (2012年05月25日発売)

判例タイムズ 1368号 6/1号 (2012年05月25日発売)

判例タイムズ社

【論説紹介】座談会 民事訴訟のプラクティス(上)/奥宮 京子・始関 正光・清水 知恵子・戸田 久・濱口 博史・三木 素子・福田 剛久…4専門委員制度の更なる活用…

2096円(税込)

目次

判例タイムズ 1368号 6/1号 (2012年05月25日発売)

【論説紹介】

座談会 民事訴訟のプラクティス(上)
/奥宮 京子・始関 正光・清水 知恵子・戸田 久・濱口 博史・三木 素子・福田 剛久…4

専門委員制度の更なる活用のために/高部 眞規子…28

独占禁止法の新たな展開28
協同組合の活動に対する規制/村上 政博…48

ブック・レビュー  高部眞規子著『実務詳説 著作権訴訟』
著作権訴訟実務の結晶/本多 知成…61

【判例紹介】全16件(最高裁判例3件)

最高裁判例
[民  法]
1(最高裁第二小法廷平24.2.24判決[平23(受)1039])…63
 労働契約上の安全配慮義務違反による損害と弁護士費用

[特別刑法]
2(最高裁第三小法廷平24.2.6決定[平22(あ)787])…66
 法務大臣の許可を受けないで,消費者金融会社から不良債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為が,債権管理回収業に関する特別措置法33条1号,3条に該当するとされた事例

[刑事訴訟法]
3(最高裁第一小法廷平24.2.13判決[平23(あ)757])…69
 1 刑訴法382条にいう事実誤認の意義
 2 刑訴法382条にいう事実誤認の判示方法
 3 覚せい剤を密輸入した事件について,被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例

行政裁判例
[行政法一般]
4(宮崎地裁平23.10.3判決[平22(行ウ)2,平23(行ウ)1])…77
 原告が暴力団に所属していることを理由としてされた生活保護申請却下処分及び生活保護廃止処分について,原告が暴力団に所属して資産収入を得ていたとは認められず,生活保護法の解釈適用を誤った違法があるとして,上記各処分が取り消された事例

5(東京高裁平23.7.25判決[平23(行コ)99])…86
 深夜から翌朝まで同僚と飲み明かした者が,同僚から自動車で送るという申出を承諾したことは,同僚が酒気帯び運転をすることを心理的に容易にしたものであり,運転免許の取消事由である「重大違反唆し等をしたとき」に当たるとして県公安委員会がした運転免許取消処分が適法とされた事例

[国家補償法]
6(名古屋地裁平22.5.25判決[平16(ワ)3401,平16(ワ)4774])…90
 1 刑務所職員らが受刑者3名に対して違法な革手錠の施用,保護房収容等をしたために当該受刑者らのうち1名が死亡したほか,その余の者に腸間膜損傷の負傷又は外傷後ストレス障害等の後遺障害を生じさせたとして,国家賠償責任が認められた事例
 2 国家賠償責任を基礎付ける刑務所職員らによる違法な職務執行について,当該刑務所職員らに故意又は重過失があったとして,国の同人らに対する求償権が認められた事例

労働裁判例
[集団的労働関係]
7(東京地裁平23.9.29判決[平22(行ウ)366])…151
 賞与の支給に関する団体交渉が妥結に至り,妥結内容について労働協約が締結されたが,当該団体交渉における会社の説明拒否の対応について労組法7条2号の不当労働行為に該当し,その救済を求めることができるとされた事例

民・商事裁判例
[民  法]
8(東京地裁平24.1.25判決[平21(ワ)32940])…164
 ゴルフ場でのプレー中に,競技者がコース脇にあるふたのないマンホールに落ちて負傷した事故につき,ゴルフ場の占有者の工作物責任が肯定された事例(過失相殺7割)

9(東京高裁平23.11.9判決[平22(ネ)7043])…171
 銀行の従業員が顧客に仕組債の購入勧誘をするに当たり,適合性原則にも説明義務にも違反はなかったとして,銀行に対する損害賠償責任が否定された事例

10(東京地裁平23.5.19判決[平20(ワ)16546])…178
 術前の病理組織診で胃癌・グループV(「癌と確実に診断される病変」を指す分類)と診断されたが,術後に胃癌でないことが判明した場合において,病変の変化の例外的な経過等に鑑み,臨床の担当医師に,術前に病理の担当医師に照会し症例を再検討すべき注意義務を怠った過失があるとされた事例

[知的財産]
11量子井戸半導体レーザ素子事件(東京地裁平22.2.24判決[平20(ワ)8086])…196
 特許権侵害訴訟において,特許権者が行った補正が,願書に添附した明細書又は図面の要旨を変更するものであって,平成5年改正前の特許法40条により,その特許出願は,手続補正書を提出した時にしたものとみなされるとして,当該特許の公開公報に記載された発明により,当該特許発明が新規性を欠くと判断されて,原告の請求が棄却された事例

[諸  法]
12(東京地裁平23.8.31判決[平22(ワ)47271])…228
 財団法人の会長理事選任が無効であると判断された事例

13(東京地裁平23.6.7判決[平22(ワ)35009])…233
 外国人登録原票の国籍欄に「朝鮮」と記載があり,第二次大戦以前から長く日本に居住している者を被相続人とする相続の準拠法(被相続人の本国法)が,大韓民国法であるとされた事例

[民事訴訟法]
14(東京地裁平23.5.26判決[平22(ワ)8245])…238
 株主総会決議無効確認請求が訴権の濫用に当たるとして不適法却下された事例

[民事執行法]
15(東京高裁平23.10.26決定[平23(ラ)1876])…245
 第三債務者である銀行が事前の弁護士会照会に回答しなかった場合において,預金債権の差押えにつき,差押債権をいわゆる預金額最大店舗指定方式により表示したときは,債権の特定を欠くとはいえないとされた事例

刑事裁判例
[刑  法]
16(東京地裁平22.9.6判決[平22特(わ)34,平22特(わ)289,平22合(わ)83])…251
 東京都公安委員会から交付を受けていたビニール製ケース入り駐車禁止除外指定車標章の有効期限欄や発行日欄の数字記載部分に,元の記載と異なる数字が印字された紙片を置いて密着させた上,ビニール製ケースとの間に挟み込むようにして同紙片を固定した行為について,公文書偽造罪の成立を認めた事例

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1520件のバックナンバーがあります