書籍詳細

判例タイムズ 1358号 1/1号 (2011年12月25日発売)

判例タイムズ 1358号 1/1号 (2011年12月25日発売)

判例タイムズ社

論説紹介大阪民事実務研究会児童生徒のいじめ自殺訴訟の現状ー因果関係を中心に/横田昌紀・・・4国を当事者とする訴訟における法律問題④周辺住民等の原告適格をめぐる諸…

2096円(税込)

目次

判例タイムズ 1358号 1/1号 (2011年12月25日発売)

論説紹介

大阪民事実務研究会
児童生徒のいじめ自殺訴訟の現状
ー因果関係を中心に/横田昌紀・・・4

国を当事者とする訴訟における法律問題④
周辺住民等の原告適格をめぐる諸問題/石垣智子・・・30

スウェーデン,ノルウェー,フィンランドにおける裁判外紛争処理の実情(上)
ー消費者紛争及び医事紛争に関するADRを中心として/石井芳明・・・46

裁判員裁判における法律概念に関する⑧[大阪刑事実務研究会]
共犯(2)裁判員に対する共犯概念の説明の在り方に関する具体的・実践的研究(下)/畑山 靖・渡部市郎・今井輝幸・・・56

ブック・レビュー 瀬木比呂志 著『法曹制度・法曹倫理入門ー法律家の在り方と関連諸制度』
内なる法曹倫理ー良き法律家として生きるために/伊藤 眞・・・71

判例紹介

最高裁判例
[憲 法]
1(最高裁第一小法廷平23.7.7判決)・・・73
 卒業式の開式直前に保護者らに対して大声で呼び掛けを行い,これを制止した教頭らに対して怒号するなどし,卒業式の円滑な遂行を妨げた行為をもって刑法234条の罪に問うことが,憲法21条1項に違反しないとされた事例
[民事訴訟法]
2(最高裁第三小法廷平23.9.30決定)・・・76
 補助参加を許可する旨の原々決定を即時抗告の相手方に不利益なものに変更するに当たり,即時抗告申立書の副本の送達又はその写しの送付をしなかった原審の措置には,抗告審における手続保障の観点から見て配慮に欠けるところがあったものの,その審理手続に裁判に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反があるとはいえないとされた事例
  
[刑事訴訟法]
3(最高裁第二小法廷平23.7.25判決)・・・79
 通行中の女性に対して暴行,脅迫を加えてビルの階段踊り場まで連行し,強いて姦淫したとされる強姦被告事件について,被害者とされた者の供述の信用性を全面的に肯定した第1審判決及び原判決の認定が是認できないとされた事例

4(最高裁大法廷平23.5.31決定)・・・92
 最高裁判所長官として裁判員制度の実施に係る司法行政事務に関与したことが同制度の憲法適合性を争点とする事件についての忌避事由に当たるか

行政裁判例
[行政争訟法]
5(名古屋地裁平22.11.8決定)・・・94
 タクシー業者の運賃据置の認可申請を却下した運輸局長の処分について,違法と判断し,従前の運賃による認可処分の仮の義務付けが認められた事例

[国家補償法]
6(東京地裁平22.1.27判決)・・・101
 いわゆる「宅下げ」に関する検察官の行為について,弁護人の接見交通権を侵害する違法があるとされた事例

労働裁判例
[個別的労働関係]
7(東京地裁平22.3.15判決)・・・113
 食品メーカーにおいて物流管理等の業務に従事していた従業員が,持病の気管支喘息を悪化させ,その発作から心臓停止に至り死亡した場合について,業務起因性が肯定された事例
  
民・商事裁判例
[民 法]
8(東京地裁平22.2.19判決)・・・130
 1 建物新築工事に関し,予定された工程は一応終了しているとして仕事の完成が認められた事例
 2 建物新築工事の注文者が瑕疵修補に代わる損害賠償債権をもって請負代金債権との同時履行を主張することは信義則に反するとされた事例

9(東京地裁平23.1.26判決)・・・148
 構造計算書の偽装された分譲マンションの建築確認及び完了検査を実施した建築基準法上の指定確認検査機関又はその確認検査員がその偽装を看過したことにつき,過失があるということはできないとされた事例

10(東京地裁平23.1.26判決)・・・159
 漁港内の航路筋に無灯火で錨泊中の台船に,未明に航行中の漁船が衝突した事故につき,台船側に7割の過失があったとして,その損害賠償責任が認められた事例

11(高松地裁平22.3.29判決)・・・165
 キアリー骨盤骨切り術を受けた患者が下肢深部静脈血栓症・肺塞栓症により死亡したことについて,手術と術後管理を担当した整形外科医に予防義務,検査義務(具体的予見義務),治療義務違反の過失がなかったとして,その損害賠償責任が否定された事例
  
[知的財産]
12(知的財産高裁平22.3.24判決)・・・184
 1 引用発明がローカルエリア・ネットワーク内のサーバーに対する「インターネットの至る所」からのクライアントによるアクセスを確立する方法であるのに対し,本件発明はそのようなアクセスを実現するためのフラグシップ・ホストに相当するサーバーの存在及びその機能としての「リダイレクト」を採用するものではないなどとして,本件発明は引用発明に基づいて当業者が容易に発明をすることができたとはいえないとされた事例
 2 特許法100条2項に基づくサーバーの除却請求については,対象となるサーバーがその機能を果たさなくなるようにプログラムを削除したり消去したりすることを含むものとして除却を認容し,データベースの除却請求については,その性質上除却の対象になじまないとして消去を認める限度で認容するのが相当であるとされた事例
 3 特許権者が特許権を侵害する被控訴人方法の実施について無償でこれを許諾することは通常考えられないとして,金銭を受領することなく行われた被控訴人方法の実施によっても,特許権者に損害が発生しているとされた事例
 4 控訴人の損害額を立証するために必要な事実を立証することは,その性質上極めて困難であるとして,特許法105条の3の規定も適用して損害が算定された事例
  
13(知的財産高裁平20.4.17判決)・・・205
 1 被告が製造販売する紙おむつが,原告の特許権の技術的範囲に属し,原告の特許権には特許法104条の3所定の無効理由はないと判断された事例
 2 特許法102条3項に基づいて損害額が算定された事例

[諸 法]
14(東京地裁平23.3.10判決)・・・236
 1 仲裁合意の物的範囲を判断するための準拠法
 2 妨訴抗弁の主張が権利の濫用となるか否かを判断する場合の準拠法
  
[民事訴訟法]
15(東京地裁平22.5.13決定)・・・241
 捜査機関の嘱託を受けて医師である鑑定受託者が作成し所持している司法解剖の鑑定書の控え等について,民事訴訟法220条4号ホが定める刑事事件関係書類等に該当しないなどとして,文書の提出が命じられた事例

[民事執行法]
16(東京高裁平23.2.16決定)・・・244
 裁判所は,転付命令発令の審査に当たって,差押えの競合の有無を審査する必要はないとされた事例

刑事裁判例
[刑 法]
17(大阪高裁平23.2.24判決)・・・248
 被告人を無期懲役に処する旨の強盗殺人事件についての前裁判が確定している場合に,その確定裁判の余罪となる同様の強盗殺人被告事件について,原審が被告人を無期懲役に処し,検察官が死刑を求めて控訴したが,控訴を棄却した事例

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1519件のバックナンバーがあります