書籍詳細

判例タイムズ 1243号 (2007年09月01日発売)

判例タイムズ 1243号 (2007年09月01日発売)

判例タイムズ社

■大阪民事実務研究人身傷害補償保険による損害填補及び代位の範囲についての考察/植田智彦■公害環境紛争処理の理論と実務 5・完〔裁定書研究会〕第五 公調委の過去の…

2096円(税込)

目次

判例タイムズ 1243号 (2007年09月01日発売)

■大阪民事実務研究
人身傷害補償保険による損害填補及び代位の範囲についての考察/植田智彦

■公害環境紛争処理の理論と実務 5・完〔裁定書研究会〕
第五 公調委の過去の裁定例の検討/河村 浩

■商事法研究46〔東京商事法研究会〕
企業買収(M&A)における売主の表明,保証違反について売主が買主に対する
損害補償義務を負うとされた事例
〔東京地判平18.1.17判タ1230号206頁,判時1920号136頁〕/藤原俊雄

■会社判例プラザ32—服部榮三(東北大学名誉教授)監修
民事再生手続きが開始された百貨店経営会社の旧取締役の善管注意義務・忠実義
務違反を理由とする損害賠償査定決定が取り消された事例
そごう旧取締役損害賠償査定異議訴訟〔東京地判平16.9.28判時1886号111頁〕/新山雄三

会社判例プラザ33
会社の有する損害賠償債権の回収訴訟の不提起と取締役の善管注意義務
〔東京地判平16.7.28判タ1228号269頁,金法1759号62頁〕/服部榮三

■ビジネス・ロー・レポート73〔大阪企業法務研究会〕
ライセンシーの地位の保全とライセンス契約の安定性強化について
/梅林 勲

■少年法の理論と実務5
非行少年3—触法少年の実情/廣瀬健二

判例紹介 全18件  細目次は本号冒頭頁
——————————————————————————–
◆行政裁判例
[国家補償法]
1 (高松高裁平18.9.29判決)
町の公職関係者のうち町議会議員,町長,監査委員,農業委員会長,県議会議員並びにその配偶者や2親等内の血族者が経営する企業等に対し町の行う公共土木工事の請負契約対象者から除外するとの町議会決議に基づき町長が町内業者を入札参加者に指名しなかったことにつき裁量権の逸脱又は濫用の違法はないとされた事例

2(東京地裁平18.3.29判決)
1 戸籍上及び生物学上の性は男性であるが,内心及び身体の外形において女性である留置人に対し,男性警察官らが行った身体検査等が,許される範囲を超えて違法とされた事例
2 戸籍上及び生物学上の性は男性であるが,内心及び身体の外形において女性である留置人を,一般の男性留置人が同室する共同房に留置したことが,裁量の範囲を超えて違法であるとされた事例
——————————————————————————–
◆労働裁判例
[個別的労働関係]
1 マイスタッフ(一橋出版)事件控訴審判決(東京高裁平18.6.29判決)
有期契約による長期雇用派遣労働者と派遣先出版社との間の労働契約関係の成立が否定され,派遣元企業(人材派遣業者)による労働者派遣契約の打切りが有効とされた事例

[集団的労働関係]
2(名古屋地裁平17.4.19判決)
新会社に従業員転籍,営業譲渡をした後に,旧会社を解散したことが法人格の濫用とはいえないとして,解散に伴い解雇された旧会社の従業員から新会社に対してされた労働契約上の地位確認請求などが棄却された事例
——————————————————————————–
◆民・商事裁判例
[民  法]
1(東京高裁平18.10.24判決)
韓国法人が日本人に対し日本での子会社の設立を委任したが中途で委任契約を解除したことにより1か月分の報酬相当額を賠償すべきであるとされた事例

2(名古屋地裁平18.9.15判決)
建物建築請負契約において請負人の付随的債務の不履行が注文者に対する信頼関係を破壊するとして解除が認められた事例

3(京都地裁平18.5.25判決)
被告らが強盗致傷事件の被害者である原告に対し同事件に関し偽証を強要したとして,被告らに対する損害賠償請求が一部認容された事例

4 三菱自動車車輪(タイヤ)脱落事故(横浜地裁平18.4.18判決)
自動車の部品の欠陥により発生した交通事故につき,当該部品を製造した企業への制裁的慰謝料の請求及び運輸行政を担当する国の責任が否定された事例

5(東京高裁平18.3.29判決)
宗教団体が鉄塔倒壊を実行したとの週刊誌の広告及び目次が同団体の名誉を毀損するものであり,真実または真実と信じるについて相当の理由がないとされた事例

6 なんでも鑑定団名誉毀損事件(東京地裁平17.4.19判決)
週刊誌において原告に関する記事を掲載するとともに,新聞広告及び電車中吊り広告に当該週刊誌の広告を掲載した出版社等の行為が名誉毀損に当たるとして,損害賠償及び謝罪広告の掲載が認められた事例

7(福岡高裁平18.10.26判決)
1 髄膜腫摘出術の最中に生じた急性硬膜下血腫のために患者が死亡したという場合において,医師の過失が認められた事例
2 上記手術に着手し,頭骨を取り除いたところ,頭蓋内圧の異常亢進が認められた場合において,髄膜腫の摘出術を遂行すること自体は相当であるが,摘出した髄膜腫内部及びその周辺部に頭蓋内圧の異常亢進の原因となるべき出血の可能性が否定された以上,他の頭蓋内出血を疑って,直ちに閉頭し,CT検査を実施して出血部位と程度を特定すべきであるとされた事例
3 上記閉頭操作に手間取った結果,上記検査が遅れ,ひいては硬膜下血腫の除去が遅れたために患者が死亡したとして,閉頭操作の遅れについて医師の過失が認められた事例

8(東京地裁平18.3.6判決)
気管カニューレを装着した患者について,医師らに,痰による気道閉塞及び呼吸困難を防止すべき注意義務を怠った過失を認めた事例

9(長崎地裁佐世保支部平18.2.20判決)
内視鏡的逆行性膵管造影検査を受けた患者が急性膵炎を合併して死亡した場合,担当医師に経過観察義務違反等の過失があったとして,病院側の使用者責任が認められた事例

10(東京地裁平18.8.1判決)
小学校における体育授業中の組体操の練習中に発生した事故につき,指導担当教諭らの安全配慮義務違反を認めた事例(過失相殺なし)

[知的財産]
11(東京地裁平17.5.17判決)
1 一般人向けの法律問題の解説書について,既存の著作物と同一性を有する部分が,法令の内容や法令又は判例・学説によって当然に導かれる事項である場合に,複製にも翻案にも当たらないとされた事例
2 一般人向けの法律問題の解説書について,既存の著作物と同一性を有する部分が,手続の流れや法令の内容等を法令の規定に従って整理したにすぎない図表である場合に,複製にも翻案にも当たらないとされた事例
3 一般人向けの法律問題の解説書について,既存の著作物と同一性を有する部分が,ある法律問題に関する筆者の見解又は一般的な見解である場合に,複製にも翻案にも当たらないとされた事例
4 他人の著作権を侵害した書籍の監修者につき,共同不法行為責任を否定した事例

[倒産処理法]
12(東京地裁平18.6.26判決)
1 商品管理及び物流システム構成機器売買契約において売買代金債務とメンテナンス等債務との対価性が肯定された事例
2 再生債務者の契約存続を選択する黙示的な意思表示により民事再生法49条4項の共益債権化が認められた事例
——————————————————————————–
◆刑事裁判例
[特別刑法]
1(東京地裁平18.11.1判決)
建設会社の取締役であった被告人が,代表取締役社長らと共謀の上,内容虚偽の貸借対照表等を提出し,特定建設業の許可更新を受けたとして,有罪が言い渡された事例
——————————————————————————–
◆公害等調整委員会
[公害等調整委員会]
1(公害等調整委員会平19.2.2裁定)
1 農地転用不許可を砂利採取計画不認可の理由とすることの可否(消極)
2 鉱業等に係る土地利用の調整手続等に関する法律1条2号に列挙されたイ,ロ,リを除く各項目所定の法条に基づく処分に関して,公害等調整委員会における不服裁定の対象となる「不服の理由が鉱業,採石業又は砂利採取業との調整に関するもの」の意義

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1520件のバックナンバーがあります