書籍詳細

判例タイムズ 1405号 12月号 (2014年11月25日発売)

判例タイムズ 1405号 12月号 (2014年11月25日発売)

判例タイムズ社

論説紹介民事裁判シンポジウム 民事裁判プラクティス 争点整理で7割決まる!? より良き民事裁判の実現を目指して相羽洋一・笠井正俊・畑瑞穂・福田千恵子・小町谷育子…

3,000円(税込)

目次

判例タイムズ 1405号 12月号 (2014年11月25日発売)

論説紹介
民事裁判シンポジウム 民事裁判プラクティス 争点整理で7割決まる!? より良き民事裁判の実現を目指して
相羽洋一・笠井正俊・畑瑞穂・福田千恵子・小町谷育子・後藤裕・増田勝久・永島賢也…5

企業間取引訴訟の現代的展開[現代企業法研究会]
課税要件と企業間契約の解釈 金丸和弘…62

判例紹介 全13件(最高裁判例1件)
最高裁判例
[憲法]
1 (最高裁第三小法廷平26.5.27判決)…83
 1 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち,議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず,当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法21条1項
 2 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち,議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず,当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法22条1項及び29条

行政裁判例
[行政法一般]
2(東京地裁平24.4.13判決)…90
 ミャンマー国籍を有し,同国内の少数民族に属し,キリスト教牧師である外国人に対してされた難民の認定をしない処分が違法とされた事例

[行政争訟法]
3(東京地裁平25.5.22判決)…100
 公立学校共済組合の組合員であり退職共済年金の受給権者であった者の養子が地方公務員等共済組合法2条1項3号の「遺族」に該当するか否か(組合員の死亡の当時組合員によって生計を維持していた者に当たるかどうか)について判断された事例(肯定)

[国家補償法]
佐用町水害訴訟
4(神戸地裁姫路支部平25.4.24判決)…110
 1 水害の際に避難所に避難する途中の住民が死亡又は行方不明となった事案について,町による避難勧告の発令時期ないし発令方法について違法性がないと判断された事例
 2 上記水害において,町による避難勧告等と被災者の死亡等との間に因果関係がないとされた事例
 3 集中証拠調べ後に提出された主張及び書証が,時機に後れた防御方法に当たるとして却下された事例

[地方自治法]
5(東京高裁平25.8.8判決)…152
 先行の住民訴訟において村の嘱託員に支払われた諸手当が地方自治法に違反するとして村長個人に756万円余の損害賠償を請求するよう命じられたところ,村議会が村の村長個人に対する上記損害賠償債権の放棄を議決するなどしたため,村民らが新たに村議会の上記議決の違法確認等を求めた住民訴訟において,これを違法とした第1審判決を取り消して,請求が棄却された事例

労働裁判例
[個別的労働関係]
6(東京地裁平24.5.16判決)…163
 過去4年間に渡る人事考課が不当であったとして,昇格できなかったことや役職解任されたこと等を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求について,人事考課は使用者に裁量が認められており,裁量権の行使が社会通念上著しく妥当を欠き,権利の濫用に当たると認められる場合でなければ違法とはならないとして請求を棄却した事例

7(東京地裁平24.4.16判決)…204
 1 自動車会社によるいわゆるリーマン・ショックに伴う経営悪化等を理由とする期間労働者に対する雇止めを有効とした事例
 2 労働者派遣法等に違反する請負契約又は労働者派遣契約の下で就労していた請負労働者又は派遣労働者と派遣先(自動車会社)との間の雇用関係の成立が否定された事例
 3 自動車会社によるいわゆるリーマン・ショックに伴う経営悪化等を理由とする期間労働者に対する契約期間満了日までの賃金の4割減額を伴う一律の休業処分について,やむを得ないものであるとは認められないとして,当該減額分の賃金請求が認められた事例
 4 労働者派遣法等に違反する請負契約又は労働者派遣契約の下での就労を継続させられたり,短期間での有期雇用契約を強いられたりしたことを理由として,期間労働者及び派遣労働者から自動車会社に対してされた不法行為に基づく損害賠償請求(慰謝料及び弁護士費用)がいずれも否定された事例
 5 派遣先(自動車会社)によるいわゆるリーマン・ショックに伴う経営悪化等を理由とする労働者派遣の中途解約が違法であるとして,派遣労働者から自動車会社(派遣先)に対してされた不法行為に基づく損害賠償請求(慰謝料及び弁護士費用)が否定された事例

民・商事裁判例
[民法]
8(東京地裁平24.3.29判決)…254
 コンピュータ・システムの開発において,ベンダのユーザに対するプロジェクト・マネジメント義務の違反が認められた事例

9(東京地裁平24.3.21判決)…320
 輸入業者が輸入食品である冷凍ラズベリーにおける農薬の残留基準値を超過していないことを確認すべき義務を怠ったとされた事例

[知的財産]
三相乳化事件
10(知的財産高裁平24.5.16判決)…334
 商標「三相乳化」について,化粧品と同梱されたパンフレットにおける使用の事実等を認定して,不使用を理由とする商標登録取消請求を不成立とした審決を維持した事例

医薬事件
11(知的財産高裁平24.4.11判決)…339
 1 出願日当時,製造可能となっていたことが明らかで,作用機序が異なることが技術常識であり,併用投与した場合に拮抗するとは認められない2つの異なる糖尿病予防・治療薬を併用投与する発明についての明細書の記載が,実施可能要件を満たし,当該併用投与に関する実施例の記載がなくてもサポート要件を満たすとした事例
 2 優先権主張日当時,作用機序が異なることが技術常識であり,併用投与した場合に拮抗するとは認められない2つの異なる糖尿病予防・治療薬について,明細書が併用投与した場合の相加的効果を裏付けているにとどまる場合,当業者は,これらを併用投与する構成が記載された引用例から,当該併用投与する発明を容易に想到することができたとした事例

12(知的財産高裁平24.2.29判決)…360
 4 アミノジフェニルアミンの製造法の発明について,プロトン性物質として水を用いる場合に無水条件を含む構成が含まれる点において,引用発明と同一の発明であるということができるとして,これと異なる審決が取り消された事例

公正取引
13(東京地裁平26.6.19判決)…371
 1 独占禁止法24条に基づき作為を求める訴えが適法であるとされた事例
 2 戸建て向けFTTHサービスに係る第一種指定電気通信設備である加入者光回線設備に1分岐端末回線単位での方式による接続をしようとする電気通信事業者は,総務大臣による当該接続に係る接続約款の認可又は当該接続に関する協定の認可がなければ,独占禁止法24条に基づき,当該設備を設置する他の電気通信事業者に対し,当該接続を請求することができないとされた事例

審級別裁判年月日順索引
最高裁第三小法廷平26.5.27判決[平24(オ)888]…83

知的財産高裁平24.2.29判決[平23(行ケ)10108]…360
知的財産高裁平24.4.11判決[平23(行ケ)10146][平23(行ケ)10147]…339
知的財産高裁平24.5.16判決[平23(行ケ)10244]…334
東京高裁平25.8.8判決[平25(行コ)60]…152

東京地裁平24.3.21判決[平22(ワ)30372][平22(ワ)43555]…320
東京地裁平24.3.29判決[平20(ワ)5320]…254
東京地裁平24.4.13判決[平23(行ウ)73]…90
東京地裁平24.4.16判決[平21(ワ)10678]…204
東京地裁平24.5.16判決[平22(ワ)26924]…163
神戸地裁姫路支部平25.4.24判決[平22(ワ)1042]…110
東京地裁平25.5.22判決[平23(行ウ)534]…100
東京地裁平26.6.19判決[平23(ワ)32660]…371

「判例タイムズ」のバックナンバー

他にも1466件のバックナンバーがあります